トランクルームおすすめランキング

ハローストレージ

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国1,200物件
月額使用料 1,500円~
事務手数料 使用料の1ヶ月分
管理費 当月から翌月分まで
更新料 使用料の0.5ヵ月分
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

キュラーズ

おすすめ度 ★★★★
店舗数 全国57店舗
月額使用料 3,000円台~
事務手数料 0円
管理費 0円
更新料 0円
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

宅トラ

おすすめ度 ★★★★
月額使用料 4,980円~

>> 公式ページを見る <<

スペースプラス

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国450拠点以上
月額使用料 2,520円~
事務手数料 月額賃料の1ヶ月分
管理費 0円
更新料 5,000円(税抜)
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

サマリーポケット

おすすめ度 ★★★★★
月額使用料 250円~
預け入れ送料 無料
写真撮影 無料
初月保管料 無料
取り出し送料(全国一律): 800円/1梱包

>> 公式ページを見る <<

トランクルームとは

トランクルームとは普段使用しない日用品や、その他様々なものを外部の倉庫に預けることができる非常に便利なものです。家の中には普段使用しないものがあふれている場合も多く、これらの収納に困っている人も少なくありません。またいつか使うとそのまま放置されているものや、家の中に収納できずに外に置いているものもトランクルームに収納することで安全に確実に保管することができます。
トランクルームをレンタルする際には、自分の収納する荷物に合わせて大きさを選ぶことができるので非常に便利な面があります。また多くの場合には月単位でレンタルができるので、不要になった場合にはすぐに解約することもでき、自分で物置などを建てる場合にかけて費用が少なくて済むのが大きなメリットです。
目白のような大きな住宅が多い地域ではこのような設備はあまり需要がないと思われている面がありますが決してそうではありません。むしろ自宅に余計なものを置きたくないと言う人も多く、様々な用途で利用している人が多いのです。その中でもおすすめは、格安で利用できるスペースで、気軽に利用することができるため様々な不要なものを収納したり、一時的に大きなもの預け入れるなどの用途で効率的に利用している人が多いのです。目白にもこのサービスは様々な場所で展開されているため、価格50分に比較した上で自分の用途に合ったものを選ぶことができます。格安のレンタルスペースで気軽に借りることができるので非常に便利です。

トランクルームの使い方

トランクルームは様々な使い方ができるレンタルスペースです。季節のもので使用しないものを収納し、季節ごとに入れ替えると言う使い方も家の中に不要なものをおかないと言う観点では非常に便利な使い方ですし、また当座は使わないけれど捨てることができないと言うものを収納するのにも非常に便利です。さらに、トランクルームの性質によっては非常にセキュリティーレベルの高いものもあるため、貴重なものを預け入れるのにも適しています。
さらに最近増えているのが、バイクを入れる車庫としての利用法です。特に大型バイクの場合には自宅の庭などに置いておくと盗難の危険があり、また雨ざらしにしたくないと言う人も最近増えているためその収納スペースとして使用されることも多いのです。バイクを収納するために厳重な鍵や防犯対策を備えたところもあるため、そのような場所を選ぶことで安全に保管することができます。
目白のトランクルームは比較的高額なところも多いのですが、中には格安のところも存在します。このようなところはセキュリティーレベルが低いところも多いのですが、日用雑貨などを預けておくのには最適なものとして広く利用されています。
サイトでは様々な料金やサービスのものを紹介しているので、その中から自分の利用法に合ったものを選ぶことで最適に経済的に使用することができます。サービス提供の方法もそれぞれ様々なので、サイトの紹介を十分に確認した上で選ぶと非常に効果的な選び方ができます。

トランクルームの種類

目白のトランクルームには様々な種類があるため、預けるものや利用頻度によって選ぶことができるのが大きな特徴です。その種類には大きく分けて屋外型と屋内型があり、主に利用されているのは屋外方で 1つのコンテナ畳のスペースを借り入れる形となっています。
このタイプの大きなメリットは自分で自由に荷物を出し入れすることができることで、自分の物置のように様々なものを自分で収納することができるのが大きなメリットです。またそのスペースを自分なりに上手に利用して棚を配置したり、衣類と工具を同時に収納したりといった自宅の物置のような利用法ができるのが大きなメリットとなっています。
もう一つの種類である屋内型は、大きな建物の中の部屋を借りるイメージとなります。建物の中にあるためセキュリティーレベルは比較的高く、中には入り口に常駐の管理人がいる場合も多く、預け入れる荷物を事前に管理人に申請をしなければならないところもあり、その使い勝手は屋外型に比べ多少不便さを感じる面もありますが、高価なものも安心して預け入れることができるのが大きな特徴となっています。目白にはこのタイプも比較的多く、中には骨董品などを預けていると言う人も少なくありません。
最近では屋内型においても格安のものが非常に多くなっており、屋外型のように自由に出し入れできるようなものが増えています。サイトではこのような種類別の特徴も記載されているので十分に内容を確認して選ぶことができるのが大きな特徴となっています
格安レンタルボックス探しはこちら

トランクルームの選び方

トランクルームを選ぶ際には、どのようなものを収納するのかを計画して選ぶことが重要です。通常は普段使用しないものを預け入れることが多いので、季節の変わり目なので出し入れが自由にできるようなところを選ぶのが最適です。
特に注意しなければいけないのは、荷物を出し入れする際にすぐに出し入れができるのか事前に申請が必要なのかという点です。屋内型の中にはセキュリティーレベルを非常に高めているため事前に申請をして当日に常駐の管理人の許可を受けてから建物内に入ると言う仕組みになっているところも少なくありません。この場合には様々な理由により希望日に入れないと言うことも多いため、忙しくてなかなか予定が立たない人にとっては非常に不向きな面があります。またこのようなところは料金も比較的高い場合が多いので預け入れるものによっては無駄なお金を支払うと言うことにもなりかねません。そのためサービス内容や使い勝手を十分に考え、預け入れるものの価値やその出し入れの頻度と比較して必要な要求を満たすものを選ぶことが重要です。
目白には格安でレンタルできるトランクルームも多数存在します。しかしそのサービス内容はまちまちであるため、自分なりの使い方を想定し、これに合ったサービスを提供してくれるところを選ぶのが良い選び方です。
よくある誤りは、大切なものを預けるのに費用面ばかりを意識してしまうことです。格安のトランクルームの中には保証が一切されないものも多いため、貴重品を預けてしまうのには不利な場合もあるので十分な注意が必要です。

トランクルームに必要な費用・料金

目白でトランクルームを利用する際に必要な費用は、利用を始める際の初期費用と月額料金が基本的なものとなっています。その料金形態は基本的には賃貸住宅を借りる場合と同じと考えれば問題はありません。
初期費用としてかかる内訳としては、契約事務手数料や管理手数料、及び鍵費用等です。また場合によっては敷金や礼金等が発生する場合もあるので注意が必要です。
契約事務手数料や管理費と言うのは実際にはトランクルームを経営する企業の利益となるもので、会社によってはほとんど無料に近いところもあるので、そのような会社を選ぶことで費用を抑えることができます。また補償等については契約時の契約内容に記載されているもの十分に確認し、納得した上で契約することが重要です。
鍵費用は実際に鍵を交換する費用で、基本的には利用者が変わるたびに鍵を交換するシステムになっていることが多いのです。これは、以前利用していた人が自分で合鍵を作成して持っている可能性があり、その合鍵で開けられてしまうというトラブルを防ぐために、基本的には鍵を交換して新しい利用者にサービスを提供するのが一般的となっているためです。その鍵の交換費用は鍵を落として新しい利用者から徴収するのが一般的です。
このようにトランクルームを利用する際には様々な費用が発生することが多いので、格安といっても10分に料金を確認してから検討することが重要です。特に事務手数料等はそれぞれの会社で大きく金額が異なることが多いので、その金額と補償内容などを十分に確認してから決めることが重要です。